先輩の声

生活支援員

生活支援員主任

2007年度(平成19年度)入職

青谷学園に就職を決めた理由を教えてください。

初めて施設の見学をした時、利用者様と職員の関わりがとても自然で、楽しそうな様子だったのを今でも鮮明に覚えています。この施設で働けたら、自分も楽しく働けるかな・・・と感じ、是非一緒に働きたいと思ったのがきっかけです。

就職してから気付いた、青谷学園の良さを教えてください。

入職当初は「利用者様のお世話をしなければいけない」と考え、毎日利用者様の役に立ちたいという思いで一生懸命に働いていました。しかし、日々利用者様との関わりの中で自分も利用者様の笑顔や、利用者様から声を掛けてもらえることに、仕事のやりがいや喜びを感じられるようになりました。また、時代の流れに応じて、女性も安心して子育てをしながら働ける職場環境を整えてもらえているので、とても助かっています。

仕事と家事や育児との両立はできますか。

当施設は1日10時間で週休3日の勤務を基本としています。しかし、私は子育て中なので1日8時間の週休2日勤務を選択して働いています。現在、夜勤業務はなく、土日祝日は休みのため、子供や家族と過ごす時間もしっかりとあります。また、子供の急な病気などで早退する際や、子供の学校行事などは子の看護休暇や年次有給休暇などの制度を利用することができ、仕事と子育ての両立をしながら働くことができています。また、子育てをしながら働くという部分においても、他職員さんの理解や協力があり、とても働きやすい職場だと感じています。

今後の目標、将来の夢を教えてください。

これまでの経験と、自分が学んできた多くのことを後輩職員へ伝えていけたらと思います。また、今後も日々の積み重ねを大切にし、自分自身が成長していければと思います。最後に、子供にも仕事を頑張っている、「キラキラ」している自慢のお母さんと思ってもらえるように頑張ります!!

生活支援員

生活支援員副主任

2014年度(平成26年度)入職

青谷学園に就職を決めた理由を教えてください。

私は民間企業で働いていましたが、福祉の仕事に興味を持ち、会社を辞めて福祉の専門学校に入学しました。在学中にいくつかの福祉就職フェアへ参加した際、当施設の採用担当の方と別の就職フェアで2度お会いしました。2度目にお会いした際に採用担当の方が私のことを覚えていてくれて、施設見学を勧められ、当時クラスが一緒だった友人と軽い気持ちで見学に行きました。その際、採用担当の方の対応が良かった事、利用者の方が自由に生活しているのを見て、一緒にここで働きたいと思い就職を希望しました。

就職してから気付いた、青谷学園の良さを教えてください。

行事や旅行が充実しており、楽しみが数多くあるところが当施設の良さだと思います。行事は春のバーベキュー、夏祭り、ハロウィン、クリスマス、新年パーティーなど季節感を大切にして企画されます。他にも日帰り旅行や一泊旅行など利用者様が楽しめる内容のイベントがあります。それ以外にも毎月の買い物や公園やコンビニへの外出などが企画されます。閉鎖的なイメージを持たれる方も多い入所施設ですが、外出や行事の企画が多く、利用者様も職員も刺激が多く笑顔になれるのが当施設の良さだと思います。

上司として、部下の指導で心がけていることを教えてください。

仕事の面では、まず自分が率先してやって見せる事、行動する事を徹底しています。特に支援の技術的な面で部下よりできないのは私自身とても恥ずかしいという考えを持っています。日々部下と意見交換をして、切磋琢磨していける職場環境を作っています。
人材育成の面では部下の得意不得意などの個性を大切にしています。その人に合った指導を考える事も日々学びになり、部下が育つことが自分の成長に繋がると考えています。

今後の目標、将来の夢を教えてください。

今後も日々変わっていく障害者福祉の制度や知識を取り入れ、進化する支援技術や福祉用具を取り入れ、利用者様に安全で安楽な生活が送れるような支援を実践していきたいと考えています。また、個々の利用者様にあった支援を行い、利用者様がその人らしい生活を送っていけるように努めていきたいです。副主任という指導職として、「支援のことは、あの人に聞けば間違いないな」と思われるような上司になれるよう精進していきます。

生活支援員

生活支援員リーダー

2015年度(平成27年度)入職

青谷学園に就職を決めた理由を教えてください。

私は、小学生の頃に知的障害のある同級生と遊ぶことが多く、その頃から将来は障害者福祉に携われる仕事に就きたいと考えるようになりました。大学では福祉のことについて学び、保育園や様々な施設での実習を経て、保育士になろうと思うようになり、就職活動も保育園や子どもの施設を中心に行っていました。しかし、保育士の給与面の低さや待遇面の悪さで就職を決めかねていました。
そんな中、マイナビで待遇も労働条件も良い青谷学園を見つけ、見学に来た際に「こんな綺麗な障害者施設があるのか」と驚き、「ここで働きたい!」と一目惚れしたのが私の青谷学園に就職を決めたきっかけです。

就職してから気付いた、青谷学園の良さを教えてください。

大学が福祉系であるため、同じような施設で働く友人が多いのですが、休日の多さは負けませんし、有給休暇もしっかりと取れます。
また職員同士も仲が良く、年齢が近いことも青谷学園の良さではないかと思います。そのため先輩、後輩問わずご飯に行く機会が多いです。ご飯に行くことによって悩みや困り事があれば、聞いてもらえますし、一人で抱え込んでしんどくなることを未然に防げます。
施設内のことに関しては、行事や外出、旅行等イベントが多く、利用者様やご家族様と一緒に楽しめると同時にその時々の対応方法や状況把握等の力を身に付けることが出来ることも良いところではないかと思います。

休日の過ごし方を教えてください。

勤務表は約2か月前に分かり、休日は固定ではないため友人と日程調整がしやすく、旅行や遊びの予定を組んで出掛けています。
また週休三日制が導入されてから休日が増えたことにより、遊びに出掛ける以外に副業を始め、飲食店で接客を学んでいます。休日に何もせずに過ごすよりも、少しの時間でも働きに出掛けることで、今までよりも充実した日々を過ごせています。副業で少し収入も増えたので、遊びに行った時には自分へのご褒美がちょっと増えたような気もします^^

今後の目標、将来の夢を教えてください。

青谷学園に就職して今年で5年目になり、後輩職員の数も年々増えてきています。“先輩に教えてもらう、話を聞いてもらう”立場から、“後輩を育てる、話を聞く”立場へと変化してきているのを実感しています。
今後の目標としては、後輩職員の手本となる支援員になることです。日々の利用者支援に努めていきたいです。

生活支援員

生活支援員

2017年度(平成29年度)入職

青谷学園に就職を決めた理由を教えてください。

私は小さい頃から支援学校に通う生徒と関わりを持つ機会が多く、就職先は障害分野が良いと思っていました。就職先を探している時に、専門学校の紹介で青谷学園を知り、施設見学に行かせて頂きました。施設見学での印象がとてもよく、清潔感があること、また雰囲気も良く、利用者様と職員さんの表情が明るいなと感じました。また、先輩職員とのフリートーキングでは、専門学校のOBの方から仕事について細かく教えてもらい、優しく話して貰えたので青谷学園に就職を決めました。

就職してから気付いた、青谷学園の良さを教えてください。

利用者様の人数が多い中でも、全員の入浴が出来ることが凄いことだと感じています。福祉の専門学校に通っていた友達からも「他の施設では毎日お風呂に入らない」との話を聞き、青谷学園の良さだなと感じました。また月に1日、移動販売という業者がクレープなどのおやつを販売しにきてくれる日を設けています。利用者様が食べたいクレープやジュース等、好きな物を選んで食べることも他にない青谷学園の良さと感じています。

やりがいを感じる瞬間や、今までで一番印象に残っている仕事を教えてください。

支援をする中でも、利用者様の表情や「ありがとう」の言葉を聞き、何度も泣きそうになったことがあります。また、夏祭りや年始には新年パーティーがあり、大きなイベントを通して利用者様の違った表情が多く見られること、一緒に職員も楽しめることが、私自身楽しい思い出として残っています。施設での楽しんでおられる表情はもちろんですが、外出や行事でしか見られない笑顔もたくさん見られるのでやりがいを感じています。

今後の目標、将来の夢を教えてください。

支援員の仕事とは、利用者様が食事や入浴を安心して楽しめるように幅広い視野で支援をしていく必要があります。利用者様の出来ることを見つけ、支援に結びつけていきたいです。その為にも福祉の国家資格である介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士の資格を取得したいと考えています。仕事と勉強の両立になりますが、頑張ります。
また、係や日々の業務をより迅速に対応し、利用者様の希望により添う支援員になりたいです。

生活支援員

生活支援員

2019年(平成31年)入職

青谷学園に就職を決めた理由を教えてください。

私が青谷学園を知ったのは、学生時代から現在も在籍している吹奏楽団のボランティア活動で当施設を訪れたのがきっかけでした。専門学校在学時に就職先を決めかねていた際、「卒業生も就職した良い施設がある」と先生からの後押しもあり、見学に行きました。施設見学では、利用者様から気軽に話し掛けて下さり、とても嬉しかったのを覚えています。他にも職員さんが楽しそうに支援しておられる姿や待遇面や福利厚生の良さに魅力を感じ、「ここで私も働きたい!」と思ったのが、青谷学園に就職を決めた理由です。

就職してから気付いた、青谷学園の良さを教えてください。

専門学校が福祉系である為、福祉関係で働いている友人が多く、他の施設の話も良く聞きます。友人に当施設の待遇面や福利厚生の話をすると、いつも驚かれます。また、年次有給休暇も取りやすいので、友人や家族と予定を合わせて旅行に行ったり、遊びに行ったりすることもでき、プライベートを充実させることができます。
業務の面では、外出や四季折々の行事が多いのも魅力の一つだと思います。準備が大変だと思う時もありますが、利用者様の楽しそうな笑顔を見ると「頑張って良かったな」とやりがいを感じます。

仕事で困った時や悩んだ時はありますか。

入職してもう1年になりますが、悩みは尽きません。利用者様への支援に決まった正解はなく、利用者様の状態も日々変化するので、行き詰ることも多いです。しかし、プリセプターである先輩職員やフロアの上司の方は気に掛けてくれますし、困った事や悩んだ時にはすぐ相談することが出来る環境が整っています。そのため、モヤモヤとした気持ちを抱えずに仕事することが出来ます。特にプリセプターの先輩職員が1年間指導をして下さる為、安心して仕事をすることができます。

今後の目標、将来の夢を教えてください。

今後は、専門的な知識を身に着けるため、介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士などの国家資格取得を目標にしています。また、来年度からは後輩職員ができ、先輩という立場になります。今まで先輩職員のおかげで安心して働いてこられたので、次は私自身が後輩職員の良い見本となり、安心して頼ってもらえる存在になりたいと思います。

求人についてメールでお問合せ 求人についてのお電話でお問合せTel.0774-55-1234