青谷学園ブログ

1か月休暇を取得した職員に感想を聞きました

2018.9.26  職員情報 

今年度も年次有給休暇と公休を合わせて1か月休暇を取得する職員が10名います!

今回は1か月休暇を取得した2名の職員に、どんなことをして過ごしたのか、休暇はどうだったかを聞きました。

 

〇副施設長(休暇時期:8月中旬~9月中旬)

休暇中は、大好きな高校野球観戦に行きました^^

高校野球の大ファンである私は、今回が第100会記念大会という年でもあったため、甲子園球場で観戦したかったのです。高校野球の観戦者は年々増加しており、チケットが取れないことも予測できました。前日は甲子園球場近くのホテルに宿泊し、朝一で向かいました。

念願の観戦チケットも無事に手に入り、甲子園名物の甲子園カレーを堪能しました。

始球式には板東英二さんが登場し、会場は大盛り上がりでした。

観戦した試合の中では、今年優勝した大阪桐蔭戦もありました。毎年、全国の地方予選から情報を入手した上で甲子園に行くほど好きなので、仕事のことを忘れて思いっきり羽を伸ばして観戦できた今年はとても良い思い出になりました。

こうやって思いっきりリフレッシュできる施設は他になかなかありません。1か月、好きなことをして羽を伸ばすことで、休暇後の仕事をより一層がんばろうという気になりますね^^

 

〇調理員リーダー(休暇時期:6月下旬~7月下旬)

これまでレストランやホテル、一般企業など色々なところに勤めてきましたが、初めて1か月という長期休暇を頂きました。

最初は何をして過ごそうか迷いましたが、学生の頃から憧れていた自動二輪普通免許の取得をしました。

私が学生の頃は暴走族が全盛期で印象も悪かったですが、現在では中高年の自動二輪ライダーも多く、見た目もカッコいい大きなバイクに乗りたいという気持ちになりチャレンジしました。

教習所では20代前後の若者に交じってS字クランクやスラロームなどの練習をしました。コースの暗記などは若い頃のようにはいかず、苦戦しましたが、卒業検定も無事1発で合格することができました。

1か月休暇を終えてみて、長いようであっという間に過ぎるものだと思いました。しかし、働いていて1か月間のまとまった休暇を得られる機会はなかなかありません。

次は何に挑戦しようか、今から楽しみです^^