青谷学園ブログ

骨健康測定器をレンタルしました

2019.6.12  職員情報 

職員さんに長く健康で働き続けてもらうために、様々な取り組みを行っています。

今回は、6月12日から6月18日の期間、健保協会京都支部から骨健康測定器を借り受けることができました。

 

手首から骨密度を測定し、AからEまでの5段階で評価をしてくれる簡易のものです。

早速、測定していますね!

職員さんは休憩時間に次々と測定に来ておられ、測定結果に一喜一憂されていました!

健保協会から骨を丈夫にするには?という案内も送られてきており、職員さんはその内容を読んで「骨太になるようにがんばります!」と笑顔で話してくれました。

<骨を丈夫にするには?>

・カルシウムの多い食品とカルシウムの吸収を助けるビタミンDを十分に摂りましょう。

・適度な運動をしましょう。週に3回程度、1日30分程度の運動をしましょう。骨に負荷が加わり、骨が丈夫になります。

・適度な日光浴をしましょう。日光を浴びると皮下にあるプロビタミンDがビタミンDに変化します。カルシウムの吸収にビタミンDが必要であり、適度な日光浴は骨を丈夫にします。

 

こういった機会を提供することで、職員さんの健康に対する意識が向上するきっかけになればと思います。

測定した職員さんから「骨密度の測定に興味はありましたが、測定できる機会はなかなかなかったので、今回測定できて嬉しかったです。意外と良い結果で自分の骨に自身が持てました」と感想を話しておられました。

これからも、色々な機会を提供し、健康への意識向上をサポートしていきます^^