青谷学園ブログ

レクリエーション大会が行われました!

2018.10.13  イベント 

10月12日(金)に青谷学園のグラウンドでレクリエーション大会が行われました!

開始前に少し雨が降り、15分遅れで開催となりました。天気も不安定なため、予定していたプログラムを短縮して行いましたが、レクリエーション中には一切雨は降りませんでした!

実は、青谷学園の行事が雨天で中止となることは滅多にありません。

この日を楽しみにされている利用者様や、この日のために準備をしてきた職員を、天が味方してくれているんですね^^

 

まずは、体を動かす前の準備体操から!

 

第1種目は、秋の味覚である栗とバナナの収穫に見立てたレクリエーションを行いました。

スタート地点からゴールまでに置いてある栗やバナナを拾い、皮を向いてゴールまで運ぶというものです。

大きな栗の皮を器用に剥いてます!持ちきれない分は職員が運んでお手伝いです

 

続いての種目は運動会でも恒例の玉入れです!

さきほど収穫した栗やバナナもボーナスアイテムとして登場しました。

紅白に分かれて職員も利用者様がたくさん玉が入れられるように、玉を拾って利用者様にお渡ししたり、お手伝いをしています。

天候の心配があり、今年のレクリエーション大会はこの2つの種目で終了しました。

職員によるパフォーマンスを見て、建物に戻ってレク大会の名物ランチ「カレーライス」をみなさん美味しそうに召し上がられました。

体を動かした後のカレーは最高です!

 

最後に、今回のレク大会の功労者!

司会者とパフォーマーの3ショットのお写真をどうぞ!!

真ん中:司会者 左右:パフォーマンス担当

すごい迫力ですよね。職員パフォーマンスで赤いドレスの二人が登場すると、会場は大盛り上がり!

利用者様の笑顔やご家族様の声援で、職員パフォーマーも熱が入っていました。

短い時間とはなりましたが、この日に向けて練習を重ね、忙しい仕事の合間を縫って準備をしてきました。正直、しんどいなと思うこともありますが、こういった披露の場で利用者様やご家族様から温かい声かけや笑顔を見せていただけると、とてもやりがいを感じます。

そして、「次の行事では何をしてみなさんを楽しませようか」とワクワクする気持ちになります。

この気持ち良さが癖になるんでしょうね。

 

次のイベントも、どうぞお楽しみに!!

明日はレクリエーション大会です!

2018.10.10  イベント, 職員情報 

10月11日(木)は10時00分から12時00分までレクリエーション大会(通称:レク大会)が行われます!

このレク大会はもともとは運動会という名称でした。しかし、年々利用者様も高齢化が進み、競い合う競技の実施が難しくなりました。

スポーツの秋とも言いますが、外で体を動かすには絶好の時期です。

そこで、運動会からレク大会に名称を改め、みんなで外で体を動かすレクリエーションを楽しむイベントになりました。

 

今年のレク大会のテーマは「秋」です。

秋を感じられるようなレクリエーションを企画しています。そのレクで使用する小道具は職員が手作りしています!

 秋の味覚の「さんま」と「栗」です!なかなかのクオリティですよね?

天気も夕方から雨は上がり、当日は曇り予報です。

明日のレク大会ではこういった小道具でどんなレクリエーションが行われるのか、今から楽しみです!!

ハロウィンの飾りつけをしました!

2018.10.4  イベント, 職員情報 

10月に入り、今月末にはハロウィンパーティーが行われます!

今年も、1階のエントランスにハロウィン気分を盛り上げるために装飾をしました!!

職員もカチューシャでプチ仮装してもらいました^^

利用者様やご家族様からも「ハロウィンの飾りつけ可愛いですね」と好評です。

利用者様もハロウィンが楽しみなようで、日々の会話の中で「今年は職員さんはどんな仮装するんや?」と尋ねられることもあります。

青谷学園では、ハロウィン当日は職員も仮装するのが恒例になっています。

今年はどんな仮装をしてパーティーを盛り上げてくれるのか、利用者様の笑顔がどれだけ見られるのか、今から楽しみです^^

1か月休暇を取得した職員に感想を聞きました

2018.9.26  職員情報 

今年度も年次有給休暇と公休を合わせて1か月休暇を取得する職員が10名います!

今回は1か月休暇を取得した2名の職員に、どんなことをして過ごしたのか、休暇はどうだったかを聞きました。

 

〇副施設長(休暇時期:8月中旬~9月中旬)

休暇中は、大好きな高校野球観戦に行きました^^

高校野球の大ファンである私は、今回が第100会記念大会という年でもあったため、甲子園球場で観戦したかったのです。高校野球の観戦者は年々増加しており、チケットが取れないことも予測できました。前日は甲子園球場近くのホテルに宿泊し、朝一で向かいました。

念願の観戦チケットも無事に手に入り、甲子園名物の甲子園カレーを堪能しました。

始球式には板東英二さんが登場し、会場は大盛り上がりでした。

観戦した試合の中では、今年優勝した大阪桐蔭戦もありました。毎年、全国の地方予選から情報を入手した上で甲子園に行くほど好きなので、仕事のことを忘れて思いっきり羽を伸ばして観戦できた今年はとても良い思い出になりました。

こうやって思いっきりリフレッシュできる施設は他になかなかありません。1か月、好きなことをして羽を伸ばすことで、休暇後の仕事をより一層がんばろうという気になりますね^^

 

〇調理員リーダー(休暇時期:6月下旬~7月下旬)

これまでレストランやホテル、一般企業など色々なところに勤めてきましたが、初めて1か月という長期休暇を頂きました。

最初は何をして過ごそうか迷いましたが、学生の頃から憧れていた自動二輪普通免許の取得をしました。

私が学生の頃は暴走族が全盛期で印象も悪かったですが、現在では中高年の自動二輪ライダーも多く、見た目もカッコいい大きなバイクに乗りたいという気持ちになりチャレンジしました。

教習所では20代前後の若者に交じってS字クランクやスラロームなどの練習をしました。コースの暗記などは若い頃のようにはいかず、苦戦しましたが、卒業検定も無事1発で合格することができました。

1か月休暇を終えてみて、長いようであっという間に過ぎるものだと思いました。しかし、働いていて1か月間のまとまった休暇を得られる機会はなかなかありません。

次は何に挑戦しようか、今から楽しみです^^

下呂温泉旅行に行ってきました!

2018.9.20  イベント 

9月18日から20日に、2泊3日で岐阜県にある下呂温泉の水明館「臨川閣」へ旅行にいってきました。

今回は9名の利用者様が参加されました。4名の職員が引率で同行し、移動には施設のマイクロバスを利用しました。

水明館に宿泊するのは今年で3回目です。車で行ける距離の別荘感覚で利用できる老舗温泉旅館です。

観光の行程はありませんが、館内には室内温泉プールや美術品や工芸品を支配人が案内するツアーもあります。

プールで泳ぎました^^

 

宴会では利用者様と一緒にビールを飲んだり、飛騨牛のステーキなどの豪華な食事に舌鼓を打ちました。

利用者さんと一緒にかんぱ~い☆

飛騨牛を使った「飛騨牛カレー(写真上)」や水明館でしか食べられない「白みそとチーズのパフェ(写真下)」などの名物料理もとても美味しく召し上がられました。

 

引率した職員から感想を頂きました。

「プールは普段の施設の中で入る機会がないので、利用者様がどれくらい泳げるのか、プールに入ってこんなに笑顔になるのかと、施設の中では見ることができない利用者様の表情を見ることができて嬉しく思いました。プールの中でボールを投げて追いかけたり、声を出して笑っておられた姿は旅行先でしか見ることができない特別な表情だと思いました。」

「普段の生活では見られない利用者様の笑顔が見れたことは本当に嬉しく思いました。他にも、老舗旅館ということもあり、旅館のスタッフの方の気遣いやサービスを見ていて、自分達のサービスにも活かせることがあるなと勉強になりました。」

 

 

旅先で見れる利用者様の笑顔は格別です。次はどんなところに行って、どんな笑顔を見せてもらえるのでしょうか。楽しみですね^^

日光浴はじめました☀

2018.9.15  新着情報 

 

 

季節も段々と心地よくなり、気分転換も兼ね利用者様と一緒に外に出て日光浴をしています!

これには実はとても大切な意味があるのです。

利用者様も高齢化していく中、体力と健康の維持はとても大切なことです。しかし、年齢に応じて骨が段々と弱くなっていくことを防ぐのは難しいことですよね?

骨粗しょう症や骨折の予防として、私達でも手軽にすぐ出来る事は「食事の面からカルシウムの摂取量を上げること」

でもカルシウムを摂るだけでは丈夫な骨は作れません。別にビタミンDという栄養素が必要であり、そこで必要なのが紫外線なのです!!曇りの日でも紫外線を浴びることができます。

これからも出来るだけ外に出て、利用者様の健康づくりに励んでいきたいと思います(^_-)-☆

「家族の職場訪問」がありました!

2018.7.22  イベント, 職員情報 

7月22日に職員の家族を招いて、職場見学や昼食を振る舞う「家族の職場訪問」というイベントを行いました。

これは年に1回、普段頑張って仕事をしている職員の生活を支えているご家族を招待し、子供やお父さん・お母さんが働いている青谷学園という職場を知ってもらうことを目的としています。このイベントは平成19年度から行っており今年で11回目となります。

家族写真の撮影や、歓迎の歌の披露、職場内の見学、介護用品体験、職員の合唱の披露、抽選会、昼食と、内容は盛りだくさんです。

この日のために、担当者を中心に準備を進めてきました。今年のコンセプトを考えるところから始まり、会場のセッティングや参加されるご家族にお渡しするしおりのデザイン、協賛してもらう企業への依頼、昼食のメニューや提供の仕方…などなど、参加してくれる方が少しでも楽しんでもらえるように考え抜きました。

 

その結果!!

 

今年は「テーマパーク」がコンセプト!司会者達はバナナが好きな有名キャラクターのコスプレで登場です!

小さなお子さんからは「あ、ミニオンだ!」と声を掛けられ、大人気でした!

職員のご家族からも「かわいい~」とスマホで記念写真をお願いされていました。

 

☆家族写真の撮影☆

なかなか家族そろっての記念写真を撮る機会は少ないと思います。特に、子供が大きくなるとより一層機会は少なくなりますよね。

小さなお子さんを連れている職員よりも、意外と父親や母親を招待した職員から好評の家族写真です。

写真は後日、印刷したものをお渡ししています。

 

さて、いよいよ職場内の見学がスタートです。

見学では、普段なかなか入る機会のない「理事長室」にも入ることができます!

そこでは小さなお子さんのために、お菓子の掴み取りや玩具や絵本のプレゼントを理事長が自ら用意しておられました。働いている職員はちょっと緊張した面持ちで入室するなかで子供達は大はしゃぎで、お菓子をもらったり絵本をもらったりしていました。

毎年、大好評の特殊浴槽の見学

移乗用リフトの使用体験

他にも、なかなか日常では見たり触ったりすることのない介護用品の体験や見学も行っています。

移乗用リフトでは、小さなお子さんでも親御さんを持ち上げることができ、大盛り上がりでした!

 

施設見学の後には、職員全員による合唱を披露しました。夏祭りの時と同じ楽曲2曲を披露するとご家族から大きな拍手をいただきました。

さていよいよ恒例のお楽しみの抽選会です!今年も多くの企業から協賛品を頂き、とても豪華な抽選会となりました。

子供の部では、大きな花火セット、お菓子のランドセル、お絵かきセット、ドーナツメーカーなどがありました。

大人の部では、国産牛のサーロインステーキや、豪華な果物盛り合わせ、電気ケトルなどがありました。

大きな花火セットをもらいました!

果物の盛り合わせゲットです^^

豪華な景品にみなさんニコニコとした笑顔を見せておられました。

昼食はトレイに乗りきらない程のボリュームです!毎年、お腹いっぱいになってみなさん帰られています。食べきれない分は持ち帰り用の入れ物も用意しており、とても好評です。

家族で食事を摂った後は、袋がいっぱいになる位のお土産を頂き、みなさん笑顔で帰られました。

この家族の職場訪問も11回目ともなれば顔見知りやプライベートでも仲の良い職員の家族同士が集まる場となり、まるで「青谷ファミリー」という1つの大きな家族のような温かい雰囲気に包まれておりました。

ご家族を招待した職員からは「家族に職場を知ってもらえる良い機会です!」と好評ですし、招待されたご家族からも「こんなに良くしてもらえるなんて、すごい良い職場ですね」と話しておられました。

このイベントに参加することで、ご家族からプライベートの面でより一層のサポートを受けて、職員さんもより一層仕事に励んで頂けると信じています^^

私達職員は利用者様の生活をお手伝いし、笑顔にする仕事をしていますが、こうやって職員やそのご家族が笑顔になるイベントもとてもやりがいを感じます。企画したことで他の誰かが喜んでくれる…それが仕事で出来る場所なんだな、と改めて思いました。

今年は19家族、66名が参加されました。

来年はどんな会になるのでしょうか?お楽しみに!!

土用の丑の日にウナギを食べました^^

2018.7.20  イベント 

7月20日は土用の丑の日でした。

そこで、青谷学園の昼食には「ひつまぶし」が提供されました!!

なんと、国産ウナギです!

とっても美味しそうですよね!?

いつもお世話になっている魚屋さんの「平川」が、新鮮なウナギを白焼きして、タレをつけ、更に炭火で火を通すという本格的な処理をした状態で納品してくださいました。

昼食でひつまぶしが提供されると、みなさんふっくらと香ばしいウナギを美味しそうに召し上がられました。

 

利用者様も「今日はウナギか、土用の丑の日か」とお食事中の会話も弾んでおられました。

日々の生活の中で、お食事は利用者様の楽しみのひとつです。季節を感じられるメニューは利用者様の笑顔をたくさん見ることができます。

職員として、そういった利用者様の笑顔を見れるのはとても嬉しいことでもあります。

 

今日は休憩に行く職員の足取りも普段よりも軽やかに見えます。

職員も注文していれば昼食代は普段と変わらない金額で、国産ウナギを食べることができるのです。

美味しいウナギを食べて、夏の暑さにも負けず、仕事も頑張ろうという気持ちになりますよね。

これからの季節メニューも楽しみです^^

夏祭りを開催しました

2018.7.17  イベント 

7月13日、夏祭りを京都東急ホテルで開催しました。

毎年夏祭りでは、職員は浴衣もしくは甚平を着て、まさに夏祭り気分!

いつもと違う装いに髪も結い上げ、気合いは十分です!!

 

今年のテーマは『世界のお祭り』です!

まず祭りの始まりに、法被を着て大きな「祭」団扇を背負い、会場に神輿が登場すると、会場はお祭り色に染められ、利用者様の手拍子により盛り上がりました!!

 

ホテルの豪華な料理も運ばれ、その味を堪能しながら歓談していると、職員による世界各国のお祭りゲームが始まりました。

オレンジを投げて的に入れる「オレンジ祭り」

2人1組でチーズを転がす「チーズ転がし祭り」

スイカを膨らましバトンを繋ぐ「スイカ祭り」

どれも職員が趣向を凝らし、みんなが”お祭り”を楽しめるように作り上げた舞台は、とても盛り上がり、会場は楽しい空気に包まれました。

利用者様やご家族様から「楽しいなぁ!」というお言葉を頂くと、思わず仕事を忘れて楽しんでいる職員もいたかもしれません。でも、一緒に楽しむこと、それが大切だと思います!

 

お祭りの終盤には、今年の入職職員による「一休さん音頭」が鳴子や鈴を鳴らして披露され、一緒に踊る利用者様がいたりと会場全体で盛り上がることができました。

 

最後に、職員による「大空と大地の中で」「ありがとう」の合唱を披露し、利用者様、ご家族様から温かい拍手を頂き、思い出に残る夏祭りとなりました。

色鮮やかな浴衣姿で見た目も華やかです。会場には歌声も美しく響き渡りました

 

大きなイベントでは職員全員で力を合わせて、みんなが主役になれるよう、笑顔になれるよう、全力で取り組みます!

今年の夏祭りも大成功となりました。

 

心も お腹も 満腹です

 

働きやすい職場づくり

2018.7.6  職員情報 

活発な梅雨前線により、当施設のある京都でも学校が休校になっています。

自然の現象には逆らえないものの、小さなお子さんを育てている職員にとっては、子どもも心配ですし、仕事も心配・・・

 

そこで!

 

青谷学園では、お子さんを連れての出勤OKにしました。

さっそく、休む予定だった職員がお子さんを連れて出勤してきました。

現場で働くお母さんの姿も見え、子どもも安心、お母さんも安心して仕事ができます💛

 

 

理事長のお気に入りの電車のジオラマで大盛り上がり!

理事長が一緒に遊んで…もらっている?ようです。

 

施設内は、元気なお子さんの声が聞こえ、いつもと違う雰囲気となり、他の職員も一緒になって見守りつつ、元気をもらいました。

 

これからも、職員・家族にとっても安心して働ける職場づくりに力を入れていきます!